エンジニアの経験値を積むのに大切なこと

+1

 

エンジニアにとって大切なことは、出来上がったものがどういう意図を持っているのかをしっかり理解できることである。

ただ、なんとなく作っているようではこれからの時代、エンジニアに限らず食い扶持に困るだろう。なぜ”だろう”なのかというと、なんとなく作らずに、考えて作る人が多くなると、その人たちだけでは手が回らなくなる。そのため、考えだけ伝えてそれを実際に作り上げる人も必要になる。つまり、手足となる人が必要になる。これらの人たちは恐らく、あるツールに特化した人の必要があったり、短時間で仕上げられたりとオリジナリティが求められる。

手足の能力を持つ人が多くなると、価格競争に巻き込まれる。そのため、食い扶持に困る”だろう”と表現した。また、このような専門職はある程度の環境がそろわないと力を発揮できないことが多い。脳として指示を出す側としては、予算の関係上で環境を整えるのが難しいなど敷居が高い場合もある。となると、専門的な能力を持つ人は、環境を自分で整えないといけなかったり、そもそも、毛嫌いされる場合も出てきてしまう。

僕らエンジニアにとって大切なのは、どんな環境でも開発できる、もしくは、専門性を持つ人たちに正確な指示を出して、完成品を作らせる頭脳を持つことである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です