休日をリフレッシュするために大事な3つの要素

休日はゆっくりしたい…会社は休みだけど最近なんか疲れが取れない…そんな悩みをもった方向けの今回の記事です!

正直に話すと、普通とは反対のことが書いてあるので、受け入れられにくいと思いますが、実際にやってみてリフレッシュした方法を記載しています!

勿論、万人に受けるとは思っていませんが、いつもと違うリフレッシュ方法を探している方は是非参考にしてもらえればと思います!

それでは、いってみましょう!

朝早起きをする

これは本当に、なんで?って思うんですが、朝早起きしたほうがリフレッシュできます。前日に、明日は休みだからゆっくりしよう。

ではなく、休みだから全力で楽しもう!何も予定ないけどとりあえず早く起きてみよう!寝ているのがもったいない!と考えると、実際に早く起きてリフレッシュできます。

実際僕も、特に予定はないですが会社に行く日よりも休みのほうが早く起きています。で、大切なのは早起きしたらその日のどこかで軽く昼寝をすること。

午前中のうちでもいいし、午後、ご飯を食べたあとでもいいのでとにかく、短い昼寝を入れることでリフレッシュできます。

ちなみに、どうしても早起きしたくないんだという方は、一度早起きして30分ほど起きた動いた後で、もう一回寝ましょう!30分以上起きていたらもう、それは早起きです!なので、頑張って30分ほど起きてみて、読書をするのはどうでしょうか?

身体を動かす

僕は、早起きしてジムに行って身体を動かしています。休日の朝のジムは本当に空いているのでおススメです!電車も空いているし、道もこまないのでスムーズです。また、休日なので会社みたいに午後は何かがあるから体力の温存を…なんて考える必要もありません。とにかくやれるまでやってみるぐらいの気持ちで身体を動かしてみましょう!

気を付けたいのが、今まで全く運動をしてこなかった人が急に運動をすると、筋肉痛になり、それが原因で継続しなくなってしまいます。これは本当に、運動を始めようとした人にあるあるのことです。

よく考えてみてください。今まで運動してこなかった人が急に運動をするわけです。どう考えても、身体を悲鳴をあげます。しかし、ヒトの身体は不思議なもので、2回、3回と継続していくうちに、あっという間に耐性ができるんですね。このときに大切なのは期間です。

悲鳴を上げたらすぐやれ!というのはあまりに酷です。では、少し回復したらやりましょうという提案です

少しだけ会社のことをする

これが一番信じ固いと思われますが、休日に少しだけ会社のことをするというのは良いリフレッシュ方法です。

ただし、これは仕事に直接関連するようなモノではなくあくまで、あなた個人に紐づくような勉強をしましょう!

これもまた長くダラダラとやるのではなく、30分などと比較的、短い時間でも問題ないので継続してみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です