持ち込みゲームレビュー @東久留米

先日、友達の家に遊びに行き、軽めのゲームをやったので、そのレビューをしていきます!

  • 移動時間:電車1時間、駅から徒歩10分ほど
  • 時間:1.5時間
  • 人数4人(男性:(僕含めて)2,女性2)
  • ボードゲームをしない人がメイン

こんな感じの条件です!

ではでは、いきましょう!

持ち込んだゲームは3種類

  • ボブジテンその2
  • 犯人は踊る
  • 花火
  • ドミニオン(実際はやる時間無)

結果でいうと、今回のメンバーはボブジテンや犯人は踊るなどの1回5分で終わる、パーティ系のゲームが好きでした。

今回は、ボードゲームがメインというよりもお家にお邪魔して最近どうなの?というお話をする会だったので、気持ち的にも楽にできるゲームが好まれたのかと予想。

そりゃ、気軽に話に来たのに、ガチで頭使うゲームやろうぜ!となると、楽しいかもしれないけど、気疲れしちゃうね。笑

いやー、ドミニオンを提案しなくてよかった…もうちょっとゲームに慣れたり、今日はボードゲームがメインだよ!というときに提案しないといけないね。

次回からは、会話がメインでボードゲームはついでという場合は、こういうちっちゃい小箱のゲームを持っていき、楽しもう!

勿論、中量級のボードゲームをメインでやっている僕にとっては物足りないけど、大切なのは一緒に遊んでくれる友達だしね!その友達が、ボードゲームって面白いね!もっと他のゲーム無いの?となった結果、カタンとかドミニオンなどの中量級のボードゲームをやりたい!となってくれればいいわけだし。

前置きは長くなったけど、さらさらとレビューをしていくよ!

ボブジテンその2

カードを引いて、山札の一番上の番号のカタカナ語をカタカナ無で説明するゲーム。たまにデーブが出てくるのでこちらは話してもいけないので、ジェスチャーで伝える。

デーブのカードをよく見ると、確かにピザ?を食べていて口を使えないそう。食いしん坊\(^o^)/

何がいいって、これは絶対無理でしょ!というお題が出るのがいいね。それを何とか説明しようとするのが面白いし、頭も使う良いパーティゲームです。

結論

自分がやりたいゲームをやるのではなく、皆が楽しめるゲームを自分も楽しむことが大切ですね!ボードゲーマーたるもの、自分が持ってきたゲームやメンバーが持ってきてくれたゲームを一緒に遊んでくれたら、自分が何のゲームをやりたかったとしても、遊ぶと決めたゲームを最大限楽しむ!この姿勢が最も大切ですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です