大鎌戦役(scythe)のフェンリス襲来はおすすめか?

scythe_expantion3

どうも。大鎌戦役、scytheが好きな倫ノ介です。

購入してから1年ほど放置していた、拡張のフェンリス襲来をやろうと重い腰を上げてみました。

満を持して、ルールブックを読み始めると…これは中々面白い!かなりおすすめの拡張です!

正直、他の拡張よりもこれだけ買ってもいいかもぐらいですね。

そもそも重い腰を上げたきっかけは、うちばこやさんからフェンリス襲来含めてインサートを買ったことですね。

ちまちまとインサートを作っていたのですが、いざ入れようと思ったところ…

この箱は、エピソード〇〇が終わったら開けてね!みたいな注意書きがあったので、

ストーリーがある中それを無視して開封することがどうしても開封できず…

折角だし、1つずつエピソードをやっていこう!ってことで今に至ります。

背景ストーリー

19世紀終盤、技術革命はピークを迎えていた。そのピークの中、ニコラ・テスラが”ファクトリー”を建設。

1901年、”ファクトリー”からザクセン皇帝に使者が派遣される。この使者がザクセン皇帝の元に持ち込まれた木箱

「世界最初の自立式歩行機械をお見せいたしましょう」

zaxsen_meeting

皇帝は見せられた自立式の機械にあらゆる可能性を感じた。

「そして、この機械を生み出したのはファクトリーでございます。ファクトリーこそ技術の中枢、そしてファクトリーを作り上げたテスラこそ未来なのです!」

そして、この機械はメックと呼ばれ、後にファクトリーで量産され、世界各国に出荷されることとなったテスラはその販売利益で資産を構築した。

更に、世界各国ではこのメックによる農業革新や技術革新を伴う近代化が行われ、他国に後れを取るわけにはいかないという各国の思惑が徐々に現れるようになった。

1910年にはラスヴィエト連邦のツァーリが暗殺されかけ、信頼するグレゴリー・ラスプーチンが暗殺者を目撃し、これの追跡を命じた。

数日後、ポーラニア共和国の国章が付いた文章を持った死体を公開。ポーラニアはこれに対して無関係と主張し退けた。

しかし、ラスヴィエト兵がファクトリー地域でポーラニア技術者を射殺し、両国間では民兵同士の衝突が始まった。

porania_razuviet

そして、この小競り合いをきっかけとして、世界大戦が始まった。

しかし、以前までの戦争とは違い、メックが導入されたことによりその様相は激しく様変わりし、死者や土地の荒廃は比較できないほど無残なものだった

そして、その惨状を聞いたテスラは自身の目で世界各国の惨状を確認せざるを得なかった。その内容は事前に聞いていたとは言え、ひどいものだった。

テスラはその後、逃げ帰るようにファクトリーに向かい、姿を消した…

tesra_initial

最初は、子供のような心で皇帝に、こんなすごいメックできちゃった!凄いでしょ!と自慢気に語り、世界各国に販売して冨を生んだテスラ。

きっとこの時点では、自分が生んだものが世界に認められて嬉しかったんでしょう。

僕もエンジニアなので、気持ちがわかっちゃいますが、自分が作ったものが世に出て使われていれば嬉しくもなりますよ。

そして、世界各国は他国に負けないようにとメックを購入し近代化を進める。あるきっかけで世界大戦が始まってしまい、戦争の道具として使われたメック。

元々の意図は戦争のためではなく、生活を豊かにするために作ろうと考えていたテスラは、メックが生んだ世界各国の戦死者や土地の荒廃をみて絶望。

ファクトリーに引きこもって姿を消したテスラ…

ここからエピソード1がスタートします!どんな流れなのか気になりますね!

少なくとも僕はめちゃくちゃ引き込まれました。ええ、オーソドックスな物語かもしれませんが、良いんです。

王道的な展開でもいいから、この先気になる!!ってなればいいんです。ってなわけで、今回はエピソード1から行ってみようかなと思います!

ちなみに今回僕が使うのは

クリミア国で対オートマのレベルはオートマ君(今までに対オートマ戦は片手で数えるくらい、対人戦も同じぐらい)

エピソード1【新時代の幕開け】

このエピソードの目標は

  • 影響力トークンを獲得する
  • ゲームに勝利する

影響力トークンは最初に各星章トークンを最初に取った人物がゲットできるもの(↓こんな感じのトークン)

influencer_token

配られたボードは農業主義

episode1

まぁ、僕自身あんまり血の気が多いほうでもないのでちょうどいいかな?

特徴的なのは改良がめちゃくちゃしやすい。しかし、改良って6回やらないと星章とれないのがネック…

そして、資源を取りに行くのも結構手間なため、施設がかなり建設しにくい。そのため、施設はほぼほぼ最初の時点であきらめムード。

最初の目標としてはメック、労働者、目的、新兵、改良、民心を取って終わりたいなという狙いを立てる。

(指令は結構キツそうかなと思い今回は、可能であれば狙うぐらいの気持ち)

対オートマくんとの戦いなので結構グイグイ闘いを挑んでくる武闘派なイメージなので、

なるべく戦わないで行くために最初のメックの能力は彷徨で、遭遇トークンを取りながら資源を使って拡大生産を、目論む。

最初のメック解放

クリミアを使い、最初に開放しようかと考えたメック能力が彷徨(ほうこう)、これ対オートマの1対1だと結構いいなと思う。

episode1_1st_mech

手番が最初のうちは生産効率があまり良くないので、ある程度運任せではあるものの遭遇を使い方針。

ノーリスクでメックを展開できたり、支持や戦力値をあげることができるので遭遇は結構便利なんだよなぁ。

次に取りたい能力はやっぱりスピードかな?これがあるとファクトリーに迎える速度が俄然変わるし。

そんなこんなでメック解放しつつも、生産をして労働者を増やして、生産に備える…

episode1_automa_oversea

生産をせこせこしていると、オートマ君は渡河能力を手に入れたので、離れ小島から出られるように。心置きなく、ファクトリーを目指せるように!

渡河能力を手に入れてもすぐに、星章を取れるわけではないので、こちらはこちらで必要なことをしていく。

今後のことを見据えて、ここは労働者を8名出して、まずは星章を1つゲットする。その後、オートマ君も順調に進み作戦Ⅱに移行。

episode1_1st_star

オートマ君が獲った星章は新兵。

狙うは指令カード!2つのうち1つは何とかする!

次に、狙ったのが指令カード。そして達成した”収穫の優越”

episode1_command

これで星章を2つ目ゲット!!

平和なままで何か終われるか!オートマ君にも意地がある!

そうこう喜んではいても、オートマ君は空気をよまずに負けじと攻めてくる。

そんなわけでオートマ君の戦力は7+2,対してこちらの戦力は7+5で勝ち。ここで3つ目の星章をいただく。

地味に嫌なのが、オートマってすぐに戦力が上がるからこっちもある程度の戦力はキープしておきたいんだよね…

基本的に、プレイヤーに対して果敢に攻めてくるタイプなので、戦う場面は割とある…

対オートマ君で嬉しいのは勝った後は、星章トークンを置ける+資源がとれること。資源数は結構ランダムだけど、戦力を割くだけの価値はあり。

写真だと資源4つもらえるのでこれはかなり大きい。

というように、通常の対オートマ戦を続けていくと2回目の戦闘勝利もゲット。

大鎌戦役(sycthe)と言えばやはりこれ

メックも4体展開してスピードでびゅんびゅん動いて領土を拡大。

労働者を増やして支配領域も増やしたかったので、労働者8人に開放!

中盤以降は、彷徨の能力を使用して、ゼーラは他拠点より移動。遭遇を利用して有利に進めたいところ…

この時点で星章は5つ。あと1つで終了!

しかし、その前にファクトリーが空いているので占領したい…!

 

後半になるとやりたいことが増える。そして効率的に動きたいが中々そうはいかない。

ここら辺がscythe(大鎌戦役)の面白さですね!!

 

そして、最後には新兵獲得で星章6つを獲って終了!

エピソード1終了。そして、清算

最終的にはこんな感じの星章テーブル

民心MAXは結構キツイ…

そして、3つ目の星章トークンまでゲットしていたオートマ君。更にはコツコツコインを溜めていた…

そんなこともありそこまで差は開かず。

結果は…

72vs60で勝利!!

そして、資産に記入。↓は第二エピソード開始時のもののためパーク(民心2)上げてます!

その後のエピソードは2bへ!

エピソード2b:平和

戦争はコストがかかる割に、見返りが少ないことがわかり、次第に国境での小競り合いもなくなる。戦争が無くなった後は、各国は国内の経済発展のためにインフラを整備していく。

本エピソードの目標は

  • 施設を建設する
  • ゲームに勝利する

また、今回は勝利トラックが変化。↓に置き換わる。

違いは、戦闘勝利が無いこと、戦力MAXが無い、ファクトリーカードGetで星章、資源16個所持、遭遇トークンx3

通常のボードとは大きく違っている…

そして、平和ルートと言われる通り戦力をあげるメリットがほぼない。

他プレイヤーと同盟を結ぶか否か?

また、他のプレイヤーと同盟国ルールを導入。今回は僕の相手はオートマ君で、せっかくなので、同盟ルール適用

同盟ルールは簡単に言うと、同盟を結んだ国同士の特殊能力を使えるというルール。戦闘により、同盟を破る場合は最終得点から$10が引かれる。

同盟を結んだのはポーラニア共和国。なので、寄り道が特殊能力として適用される。

遭遇カードの選択肢二つを解決できるのは嬉しい。彷徨で移動しながら遭遇トークンを回収したいなと考えながら、引いたのは工学主義マット

ちなみに、同盟を結んでいるので初期の5金+同盟時の6金を最初から所持してます。

同盟の6金とか忘れがちなので、もう一回やるときは注意かな。

オートマ君の初期のマットはこんな感じ。

オートマ君にとって特殊能力なんて関係ないんだけど、気持ち的な問題から渡す。そして8金を初期の状態に加えて渡す。

 

普通のプレイヤーだと結構嬉しい能力だから、同盟時が1金なんだろうな…戦力カード一度に使えるのは1回だけとはいえ、最初からこれを使えると生産が結構楽になりそう。

初期の民心はボーナスが入っているため、4(+2)でのスタート。(オートマ君は通常通り10スタート)

2つの指令カードはリスク回避の方策と山上の大将

リスク回避の方策はいけると思うけど、もう一つは…

準備も整ったので、ゲームスタート!

エピソード2のゲームの方針

  • メックx4の展開
  • 労働者x8の展開
  • 指令カードx1達成
  • ファクトリー到達
  • 遭遇x3の達成
  • 資源x16の獲得

この6つを狙いに行き、施設を1つ建てて目標達成を狙う。メックが最初展開しにくいのがキツイ…

最初の遭遇

最初の遭遇でこれを引けたのは良い感じ。しかも、今回遭遇を2つ選択できるので実質タダで支持と移動ができたというラッキー。

そして、2枚目の遭遇カードはこちら。

ここは金属4と新兵1を獲得。(戦力解放)

最初の星章は労働者

生産を使用して、労働者x8を解放しさくっと星章1を獲得

更にメックも展開し、スピードの能力を解放。考えると、戦力を得るより戦力カードで資源代用とかの方が幅が広がったか…

2番目の星章はスピードを得たことでのファクトリーカード

スピードをゲットしたので、さくっとファクトリーに向かい、優秀そうなファクトリーカードを頂きます!

ここは真ん中かな。資源を交換すればかなり効率的にメック展開ができそうだし、今回のエピソードの目標である施設も建設可能とかなり有効そう。

オートマ君の初星章はサイコロ頼み

ここまでやっているとさすがに、オートマ君も一つ目の星章をゲット。

オートマ君の初星章は施設!

そして、オートマ君もじわじわとファクトリーに近づいてくる。

後々気付いたけど、このエピソードではオートマ君は計画変更Ⅰ→Ⅱは同盟を維持し続ける限り、延期される。

そのため、戦力の獲得や対プレイヤーに対する攻撃移動が少なくなる…

この計画変更の延期処理をしなかったため、戦力を上げて、オートマの闘いに備えていた…計画変更延期処理をすれば恐らく戦力は減っただろう。

それでも戦力を上げていたのは理由があった

ファクトリーを占領されたくなかったので、オートマ君よりは戦力を持って対抗しようとしてましたさ。

指令カード実現できそうだったしね!!!というわけで、山上の王者獲得!そして、星章3つ目!

3回目の遭遇、そして4つ目の星章

既にファクトリーカードは持っているので、戦闘カード2枚ゲットのみ。(今回は戦闘勝利の星章無だったため)

戦闘勝利の星章はもらえなかったけど、3回の遭遇で星章1はゲットしたので良しとしよう。

資源x16の星章x1を取れずに勝利が遠のく

快調に進んで施設を設置し、資源x16を支配区域に置いたまでは良いが…

このあとメック展開を行い、金属x4が無くなったため支配区域に資源16が厳しくなる(下段アクションまで終了した際に支配区域に資源16の判定が行われるため、星章1つが獲得できなかったという認識)

更に改良を1度も行っていなかったため、改良ができない(何を言っているかわからないと思うが、画像をみて理解してくれ…)

もたついている間に、後ろから迫るオートマ君

計算ミスにより足踏みをし、もたついていると好機とみて差を縮めにかかるオートマ君。オートマ君の星章計画達成により2つ目の星章をゲット

更に、3回目の遭遇を達成し3つ目の星章もゲットしたオートマ君(オートマ君もこの条件を達成で星章ゲット可能)

勢いづいたオートマ君。同盟なんて関係ないと殴り込み

完全に流れはオートマ君。しかも、このタイミングで戦闘を仕掛ける。

12vs10でオートマ君の勝利!!!

しかし、今回戦闘勝利では星章置けないので、良いだろうと”戦いに負けて勝負に勝つ”という戦法を実践

振り返ってみると、ファクトリーカード獲得でもオートマ君は星章取れるので、実は戦闘区域がファクトリーだったらかなり危なかった(勝負に負けていた可能性高)

そして、遂に肩を並べられる

星章計画が進み、4つ目の星章を獲得したオートマ君

あんなに順調だったのにかなりヤバイ雰囲気が…

意地の見せ所

やっと改良と全種類の資源1個以上を支配したため、リスク回避の方策を達成。更に、資源x16も獲得したため。合計6つの星章を獲得し、無事終了!!

エピソード2の終了と最終清算

最終的にはオートマ君の星章は4つで終了。

そして…最終結果は

68vs77 勝利!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です