少人数で遊ぶときにおすすめのボードゲーム

最近、なかなか人が集まらずに集まっても4人ぐらいでクローズド会をやっています。

ボードゲームやるときの一番のネックは一緒に遊ぶ人を見つけること…

そんなときにさくっと、誘って一緒にゲームに付き合ってくれるのが家族。

でも、誘ってもやってくれる場合もあればやってくれない場合もあります。

気を付けなければいけないのは、家族といえども相手がボードゲームを楽しめないと、次回やってくれない確率が格段にあがります。

この確率を上げるためにはどうすればいいのか、考えてみました。

当たり前じゃん?と思われますが、意外と実践できていることは少ないんですよね。

準備が楽なものにする

実はやる気は鮮度。鮮度はやりたい!と思った瞬間からどんどん下がっています。つまり、準備を始めてから遊ぶ気持ちはどんどん落ちています。

いかに早くゲームを始めるかというのは意外かもしれないけど、結構大事なポイント。

1時間以内に終わるものを遊ぶ

初回プレイが1時間半以内におわるものを遊ぶ。もう一回遊んでみたいな~というときに気軽に遊べるようにするためです。

いかに楽しいゲームでも、一回だけ遊べばいいや!となってしまっては正直、また一緒に遊ぼう!というのは難しいですね。

ルールがわかりやすいゲームを選ぶ

ルールがわかっているのはあなただけです。はじめて遊ぶゲームのルールが複雑だと楽しむことより、覚えることに気をとられてしまいがちです。

ひとつでもわからないルールがあるとやる気は10ぐらい下がる。しかもスタートは50ぐらい(不合格ライン)

それぐらいの気持ちで、ルールはとにかくわかりやすいものを選ぶのをおすすめです!

遊ぶ人を考えてテーマを決める

男性、女性で選ぶべきテーマは違う

男性:冒険、お金系、勝ち負けがはっきりしているもの

女性:言葉遊び、協力ゲーム、世界観が幻想的

一般的にはこんな感じだけど、実際はここに当てはまらないことなんてたくさんあるので、参考程度までに!

一番は、こういうゲームならあるよ!と伝えてそこから世界観を聞いてゲームを選ぶことですね!

条件を全部満たす必要はあるか?

少なくとも2つは満たす必要有ですね。

やはり、ひとつだけ当てはまっているというのは正直にいうとあなたの偏見に近いのではないでしょうか?

ぜひ、誘う相手を考えてどれぐらい条件を満たしているか考えてみましょう!

テストプレイで一緒にやってほしいは言ってはいけない

これはやりがちだと思うんですが言ってはいけないです。

だって、よくわからないものに時間をかけるのに、誘われる方からすると、楽しいか楽しくないかはわからないんだ…と言われるわけです。

いやいや、せめて面白いとわかった状態で誘ってよ。が誘われる方の心情です。

ネットで調べたから面白いとは思うんだけど…

それならまず、一人でもいいから面白さがわかって誘ってくれると嬉しいというのが本音です。

遊んでみたら、感想を聞くこと

遊んでみたら、実際の感想を聞いてみましょう!

恐らく、楽しかったよ!と言ってくれるのですが、そこで終わっては駄目です。

どういう点が面白かったのか?を聞いて、次はどういう戦略でいく!など聞ければゲームを楽しんだ証拠ですね!

面白かったよ!の言葉に対して、本音を聞きたいと思ったら、こう言ってみよう

もう一回遊ぼうよ。

これで、躊躇いなくもう一回!となるのであれば、本当に楽しんでます。

違うのもやってみたいかな~となれば、本当は合わないゲームだったのかもしれません。

合わないゲームもあるというのははっきりと伝えましょう!

特に、人狼ゲームなどの招待隠匿という分野のゲームは明確に好みが分かれる分野です。

しっかりと、ボードゲームは好みが分かれるから好きじゃないゲームは伝えてもらうようにしましょう!

実際のおすすめは?

カタン

宝石の煌き

ガイスター(2人専用)

バトルライン(2人専用)

キングドミノ

最後に

いかがでしたでしょうか。

クローズド会でみんなが楽しめるように心がけていることや流れを紹介しました。

あなたが会を開催する際に、少しでも参考になれば幸いです!

そして、最も大事なのは、誘うのをためらわないこと!

もし断られても、その日は都合が悪かったんだな~ぐらいの気持ちで

返事をありがとう!と伝えることです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です