ボードゲーム会リポート@溝の口 2019年3月

2019年3月溝の口ボードゲーム会リポート

本日は我が家でのボードゲーム会のリポートをします!

総評:やっぱり、皆でやるボードゲーム会は楽しい!

やったゲーム一覧

  • ガイスター
  • バトルライン
  • キングドミノ
  • モダンアート
  • ボブジテンその2
  • ディクシット
  • ドミニオン

ガイスター

相手は興味はあったけど、なかなかやる機会が無くてやれなかったとのことで初プレイだったので、ルールを説明していざプレイ!

戦略としては、珍しく青オバケで相手陣地まで切り込んで、抜け出るという手法で決定。特に理由はないけどたまにはそういう、脳筋?スタイルもいいかなというちょっといつもは知的だよという振りをしてみる。

途中の写真は無いので文字だけでの説明となります!

お互いに青オバケ2つを取るところまでは同じ、そこから僕は相手がガンガン取ってくるタイプと考え、赤オバケをとってもらい、牽制を入れようと脳筋スタイルにあるまじき小手先の戦略を立てる。

結果としてこれが中々良かったようで、ガンガン赤オバケを獲得してもらい、3つの赤オバケを献上させていただきました!

え、お前はどうなんだって?脳筋スタイルなんだから、こっちも目の前にあるオバケはガンガン食べるスタイルですよ!!(結果、自分も赤オバケ3つ獲得)

そうこうして最後の最後の場面がコチラ↓(相手の手番)

青オバケもとられて、ジリ貧というね。笑

うーむ。中々ドキドキハラハラの展開

ボードゲーム会リポート@溝の口 2019年3月

ちなみに、こちらからみて一番奥のコマが赤オバケで他は青オバケという配置

お相手は、こちらの右上のオバケコマが赤!と考えていたようで、無事勝利!

バトルライン

こちらは写真を撮り忘れました…

こちらもお相手が興味はあったけど、なかなかやる機会が無くてやれなかったとのことで初プレイだったので、ルールを説明していざプレイ!

戦術をなるべく使わない戦法で行こうと思いましたが、相手も戦術を使わずにプレイ。ここでも脳筋スタイルを発揮。笑

勝敗の判定に、場にある部隊カードでの証明が必要というルールが面白いですね。自分が持っているカードで相手が持っていないことはわかるんですが、そのカードを出してしまうと、自分に有利になったり、逆に不利になってしまったりとここでも考えるポイントがあるので、奥深いゲームですね。1回しかできなかったので、あと3回ぐらいはやりたかったな。

ちなみにコマを配置するのにそれなりの横幅がある机が必要なことを忘れていたので、次回は忘れないようにしないと。笑

こちらは、負けました。笑

キングドミノ(2人プレイ)

キングドミノは軽い(15-30分)ながらも面白いゲームなので、人数が集まるまで試しにプレイしてみましょうというお誘いをし、プレイ。

たまには王道から外れての、真ん中に王国を置かないパターンでのプレイ。そして、やたら海がでるので、海賊王を目指し海タイルを獲得。

ボードゲーム会リポート@溝の口 2019年3月

こちらが王国建設途中の写真。もっともっと海を広げないと海賊王になれない!と興奮しながら海タイルを待つ。

その後に麦畑をたくさん取ろうと思ったけれども、思ったように得点が伸びないんじゃないか?というのと海タイルを優先させるという当初のスタイルを貫くため、優先度を下げた。

ボードゲーム会リポート@溝の口 2019年3月

こちらはお相手が建設している国の途中の様子

素敵な草原を広げる戦略ですかね。まだ国づくりは始まったばかりなので、変わる可能性は高いですね!

 

そして最終的な僕の王国がコチラ!!

ボードゲーム会リポート@溝の口 2019年3月

最終的に、タイルを1つ落としてしまったので、残念でしたがまぁ、仕方ないですね。海をつなげられたのでよしとしてます。

そして最終的な、得点は47:31(減点無)でお相手のD氏の勝利!やはり、得点が高い荒野?を取られ過ぎたのが痛手…。しかし、後悔はしていない。

俺は海賊王を目指して海タイルを獲得しまくったんだから!ゲームの趣旨を完全に無視しているけれども!!

モダンアート(5人でのプレイ)

ライナークニツィアさんの作品を知らないようだったので、多くの人がボードゲーム沼にはまるきっかけとなる、モダンアートをプレイ。本日初参加の人以外は皆ルールを知っていたので、インストやルール説明はさくっと、終了。

モダンアートの何がいいって、一番最初はおっかなびっくりで、値段をちょこちょこ決めていって、ラウンドが進むごとに皆が大胆になっていくことですね!

“お客さん、この絵は前回のラウンドで3万$がついているんですよ?それを考えたら安いもんですよ!”なんてのが聞こえてきたり、

“そんなに安い指値でいいの?買っちゃうよ?”
D氏
“そしたら、7万$!

満場一致のパス(笑)

そんなお約束の場面もあったりと、プレイする人のタイプで雰囲気が変わったりするのもいいゲームの要素だと思っています!

今回の絵画市場は満遍なく色々な絵が放出されましたね!やはり、5人でやると絵がばらけて、ランダムな要素が加速するんでしょうか。うん、個人的には良いことだと思います。戦略立ててそれの通り行くのもいいけど、軽量ー中量ゲームはある程度のランダム要素で勝敗を決してもいい思います。

ボードゲーム会リポート@溝の口 2019年3月

そんなこんなで最終的な絵の値段がこちら

後半戦で追い上げた絵が1枚6万$と中々良いお値段!そして、LITE METAL氏の絵も中盤はお値段が付きませんでしたが、最終ラウンドで6万$と盛り返しましたね!

僕はCHRISTIN.P信者だったので、最終ラウンドで一儲けさせていただきました!!ヒャッホー

そんな感じで最終的な金額がこちら。

ボードゲーム会リポート@溝の口 2019年3月42万7000$で見事1位を獲得できました!

5人いると中々1位ってとりにくいので嬉しいです‼しかも、皆超楽しんでたし、大満足のモダンアートですね。こうして、皆がズブズブと沼に嵌っていくんだろう。そして、嵌った人はまた一人また一人と仲間を増やしていくんだろう…いいことだな!

ボブジテンその2(5人でのプレイ)

ルールは簡単なので、出題者はカタカナ禁止、そのほかの人はそのカタカナ語を当てる、ただし回答件は1回だけと説明しゲームスタート。

順調に進んだもののデイブが来ると皆、マジかよ!という顔でジェスチャーを開始。

僕もデイブにぶち当たり、難しいお題となりました…

ツインルームってどうやってジェスチャーで伝えればいいのさ…

とまぁ、自分で表現するのは難しいものの、相手が伝えようとしていることはわかったので、バンバン当てて無事1位!これはどういう問題が出るかとか知っていると有利なので、やればやるだけ暗記しちゃうゲームですね!ライトなパーティ向けゲームなので、隙間時間にやりたい感じでした。

ディクシット(5人でのプレイ)

これは皆プレイしたことがあったので、ルール説明はそこそこですぐ開始。場所によっては単語だけのルールであったり、簡易的な文章にしないとだめなど色々なルールがあるみたい。どことなく、大富豪のローカルルールに似てますね。今回はそういう縛りを確認することもなく、皆が好きなように説明して進行。

なぜかこのゲームは女性が強いのがあるあるなので、女性プレイヤーに警戒しつつプレイ。警戒と言ってもしようがないんですがね!

このゲーム一度苦手意識がついてしまうと、結構引きずる人が多い気がする。でも、得点だけがゲームの楽しさじゃないから自由にやればいいと思うよ!ってなわけで、苦手と言っていた人も楽しみながらプレイ。

ちなみに僕はディクシット、どちらかと言えば得意だと思ってます。

結果:ビリ(笑)

いやー、楽しめばいいとか言いながらビリとは凹みますね!次回楽しめばいいんですよ!

ドミニオン(4人プレイ)

基本の第2版でのプレイ。一度は皆やったことあるので、拡張の海辺も入れたいなと思いましたが、自分もやったことないので今回は無しでプレイ。

使ったカードはデッキトップで紹介されているセットの

  • 職人
  • 役人
  • 議事堂
  • 祝祭
  • 前駆者
  • 研究所
  • 金貸し
  • 衛兵
  • 家臣

この10枚でのセット。個人的に祝祭と家臣でアクションを増やしつつ、お金をためて議事堂の力技で手札に入るお金をガンガン増やす戦略でした。これに金貸しと、村をそれぞれ1枚ずついれて、気持ち程度の圧縮を行いながらプレイ。

他のプレイヤーは前駆者+家臣+衛兵で調整を入れながら捨て札をデッキトップに戻して、お金を増やして購入をするというスタイル。こちらは議事堂無のスタイルだったので、アクションでお金を増やす必要があったのでどうしても手番は長くなりがちで後半にならないと安定した金をとれずにキツそうな感じでした。

結果、アクションにより捨て札をデッキトップに戻してのスタイルに負けて2位という結果でした!

最後の最後で25金を得たので属州3枚購入できる機会がありましたが、残り属州が1枚だったので公領3枚、屋敷を1枚購入して終了。

トップはVP42?で僕が31でまぁまぁの差をつけられて負けました!勝負をかけるタイミングって大切だなと。早いタイミングで属州買ってしまうと、手札圧迫されるし、かといって遅いと周りに買われてしまうしと、このジレンマが面白さの要素でもあるんですがね!!

写真は撮り忘れました…

次回のボードゲーム会は4月に開催予定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です